検査キットはどうやって検査をしてもらうのか

便利さはなによりもメリット

1つ目は自宅で簡単にできることです。
病院では医師の診察があり、看護師による採血があります。
それを素人にするのは難しいですが、検査キットは一般人でも検査に必要な血を簡単にとれるようにしています。
検査時間はかなり短く済み、あとは検査機関に送付するだけでいいので、例えば仕事から帰ってから、休日の空き時間にさっとすることができます。

2つ目は結果が早くわかることです。
一般的な健康診断では結果が返ってくるのが翌月になることもあります。
検査キットでは2週間ほどで結果が分かります。

3つ目はコストパフォーマンスの良さです。
自身が調べたい検査だけをすることができるので、健康診断と比べたら割高感はあるかもしれませんが、受けなくない検査に費用をかけずに済みます。

4つ目がプライバシーを守れることです。
自宅で完結するので、検査をしていることを誰かに知られる心配はないです。

デメリットは費用の高さ

1つ目がどんな検査もできるわけではないことです。
例えばX線検査など、専用の機材がないとできない検査はやはり病院でないとできません。
しかし、胃カメラやレントゲンで、胃がんや肺がんがないか調べますが、血液でも調べられるような検査キットはあります。

2つ目は費用です。
コストパフォーマンスはよくても、いくつも検査キットでしていると支出額は大きくなります。

3つ目は自身でするので失敗する時もある。
検査に必要なものを自身で採取するのは不安という人もいます。
また、採取に失敗する時もあるので、全て病院にお任せする方が気楽でいいという人もいるかもしれません。
失敗しても、キットによっては無料で新しいものを送ってくれるものもあります。


この記事をシェアする
TOPへ